« Rocket propulsion system./RGM-???(6) | トップページ | Gundam the origin版・スレッガー小隊隊長機/RGM-???(完結篇) »

軍規と自己主張/RGM-???(7)

18

※注:8巻ジャブロー編立ち読み程度の知識で製作を進めてきたのだが

    塗装作業前にディテール確認すべく

    再読してみたところ、

    クランプ付きの機体カットと、そうでないものがあった。

    念の為、15巻オデッサ編を見たら

    クランプは・・・付いてなかった(汗!

基礎塗装を終え、いよいよ作業は大詰めを迎えた。

迎えたのであるが・・・。

The Origin版RGM-79・・・、

あの中尉の機体』を どう塗ろうか???

そもそも、この機体製作のキッカケ(情報)を下さった

Ka2-yukiさんは

既にHGUC版GMにてあの中尉カラー機作っておられる

また、ネット検索をかけてみても

様々な方達が、思い思いのあの中尉機を作っておられるようである。

どれも実に素晴しい!

カッチョエエのである。

だが、その素晴しい先輩方の作例を

そのまま真似てしまっては全く意味がナイ!

先にも述べたように、その作品群は

その製作者の方々各々の解釈によって製作されたものなのだ。

安易にカラーリングを真似ては

その方々に失礼というものだ・・・と、思う。

そこで、

オイラもオイラなりの解釈によって

あの中尉の機体』を塗っていこうと思う。

パーソナルカラーを許されたMS・・・、

御存知のように

『赤い彗星』、『白狼』等々、ジオン公国軍規においては

功労者に対し、実に寛大なのだと思う。

(ヒーローの存在を国民に知らしめ且つ、戦意高揚を図るのには必要なコトだったのかも知れないな。)

しかし、連邦はどうであったろうか?

あくまで私見であるが、

ガッチガチの規律と体裁に拘る連邦軍には

特例(使用環境に於ける視覚欺瞞や試作機体等)を除いては

その採用を許す度量は無かったと思われる。

故に、

連邦軍MSにはジオン程のパーソナルカラー機は殆ど存在していない・・・と思う。

この事を念頭に置きつつ

あの中尉軍規なんてクソ喰らえ!的なキャラは、自機に於いてもきっと・・・!』な

期待も加味し、導き出されたオイラなりの塗装プラン。

近日中にお披露目できそうな完成品にて

紹介しようと思う。

お忙しい中、当駄ブログを閲覧して下さる皆様・・・。

今暫く、お待ちくださいませ。 (え?誰も待ってねぇって?・・・だよねぇw)

**********************************************************************

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前 (角川コミックス・エース 80-18) Book 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前 (角川コミックス・エース 80-18)

著者:安彦 良和,矢立 肇,富野 由悠季
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« Rocket propulsion system./RGM-???(6) | トップページ | Gundam the origin版・スレッガー小隊隊長機/RGM-???(完結篇) »

雑記」カテゴリの記事