« 水泳部:プロローグ | トップページ | ガンダムMkⅡ4号機:其の一 »

水泳部:エピローグ

************************************************************

☆ジオン海軍辺境試験部隊所属技官のメモより☆

我々には、もう時間が・・・いや、

ありとあらゆる物が不足している。

そんな中、試験機のテストも

実戦というカタチで行う運びとなる。

願わくば・・・、この記録を

自ら報告できる事を祈って・・・。

☆連邦軍:地中海方面軍索敵部隊所属/ディッシュ2号機・機長のメモ☆

ジブラルタルエリア敷設MADのデータ・リンクが途絶えたとの報告を受け

本機は、一路イベリア半島へ向う。

恐らく、敵特殊部隊の仕業だろう。

索敵エリア到着02:23、

セオリー通りにソノブイ投下・レジーエイト開始。

しかし・・・手応え無し。

エリア拡張するも空振り。

一体・・・、ターゲットは何処に?

やむなく・・・、03:15に帰投。

★試験機と護衛2機(アッガイ)とのガードルート回線(機体同士の接触信号通信)

技官:ふぅ・・・どうにか、かわした様だな。

パイロットA:ええ。それにしても技官自ら実戦に立ち会われるとは・・・。

技官:言うなよ・・・。モニター(衛星・無人中継機)が使えない以上、仕方あるまい。

    それに万が一の時、他のヤツじゃ対処できまい・・・。

パイロットA:すいません。

パイロットB:目標地点まで、あと7.2マイル。

技官:よし、作戦を確認する。

        本隊は04:00、ポイントD-46に上陸。

        交戦中の友軍部隊を、側面より援護。

        撤退を見届けた後、帰還する!

        同時に、オレの駆る試作機の実戦データの収集。

        CMR(コンバット・モニタリング・レコーダー)を忘れずONにしておけ!

        いいか!これは実戦だが、主眼はあくまでデータ録りだ。

        各自ムチャはするなよ!

パイロットB:了解!

パイロットA:了解!

22005052

その日の夕刻、

帰還したのは・・・2機のアッガイだけであった。

だが、貴重な交戦データは全て・・・回収されたのである。

************************************************************

 時空のたもと 時空のたもと
販売元: iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)で詳細を確認する

        

|

« 水泳部:プロローグ | トップページ | ガンダムMkⅡ4号機:其の一 »

雑記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1018302/23122774

この記事へのトラックバック一覧です: 水泳部:エピローグ:

« 水泳部:プロローグ | トップページ | ガンダムMkⅡ4号機:其の一 »